• HOME
  • 相続相談事例
  • 固定資産税納付書が届かなかったために、土地がどこにあるかわからないケース

固定資産税納付書が届かなかったために、土地がどこにあるかわからないケース

(ア)状況


① 生前、土地があることはご家族は知っていましたが、固定資産税納付書が届かなかったために、土地がどこにあるかわからない状態でした。
 

(イ)司法書士の提案&お手伝い


①非課税物件等通知がきていないものもあるため、名寄せ帳を取得して財産の確認をしました。
 

(ウ)結果


①公衆道路(私道)、墓地、免税点(35万円以下)、山林、原野(自治体が異なると出てこない)など、不動産価格の安い土地が居住している自治体以外にある場合は、要注意です。これらを処理しないでいると、次の世代でいざ売却したいと思うときに相続人の数が増えて、処理がより面倒になってしまいます。

②不要であれば売却もさせていただきますので、是非ご相談ください。
 
 

当事務所の解決事例

①一つ前の世代の相続手続きがまだ終了しておらず遡って相続手続きをしたケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑪非協力的な他の共同相続人から、最終的に協力を得られた相続手続き

⑫相続人の1人が韓国籍だった場合の相続登記

⑬相続開始後1年以上経過後にした相続放棄

⑭甥姪だけでなく、姪孫(甥姪の子)まで相続人となった相続手続

⑮被相続人が亡くなってから時間がたった相続登記

⑯法定相続分とは異なる相続分での兄弟間の相続手続き

相続した不動産に担保権者が個人の担保がついていた。また、その担保権者にも数次の相続が発生していた担保権抹消登記

 

「相続の基礎知識」の詳しいコンテンツはこちら

_MG_5283.jpg   

無料相談受付中 077-516-8001 受付時間9:00~18:00(土日祝夜間OK)
相談から解決まで料金表事務所概要

Contents menu

Access
クリックすると大きくなります