• HOME
  • 相続相談事例
  • 兄弟姉妹が沢山おり、相続人だけで20名ほどの大人数になってしまったが粘り強く解決へ導いたケース

相続人だけで20名程の大人数になってしまったが粘り強く解決へ導いたケース


事例8.png

(ア)状況


①再婚夫婦(再婚後の子供はなし)の夫と妻が相次いで亡くなったケースで、購入時に父親が資金を出したため、相談者の所有物件の敷地は父親名義でした。

②相談者は、父と再婚した妻(継母)とは養子縁組をしていなかったため、父の死亡により後妻へ相続された持分については、妻の兄弟が相続人となります。
自宅の敷地を完全に自分のものにするために、妻の兄弟(義理の叔父、叔母)等、遠い親戚から実印をもらったり、相続放棄をお願いしなければならなくなりました。

③妻の兄弟も死亡していたり、元々数も多かったので、合計19名となりました。
 

(イ)司法書士の提案&お手伝い


①司法書士が妻の兄弟へ連絡、書類を集めるお手伝いをしました。ほとんどの方は協力して下さいましたが、数人とは連絡が取れない、施設に入居している等かなりの困難を伴いましたが、最終的にはまとめることができ、無事相談者の自宅の土地を相続することができました。
 

(ウ)結果


①今回は、遠方の親戚などとの交渉で全員からの同意を得ることができましたが、予め養子縁組を組んでおけば、このような手間は省くことができました。
早い段階から相続の準備が重要です。養子縁組についても、是非ご相談ください。

 

当事務所の解決事例

①一つ前の世代の相続手続きがまだ終了しておらず遡って相続手続きをしたケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑪非協力的な他の共同相続人から、最終的に協力を得られた相続手続き

⑫相続人の1人が韓国籍だった場合の相続登記

⑬相続開始後1年以上経過後にした相続放棄

⑭甥姪だけでなく、姪孫(甥姪の子)まで相続人となった相続手続

⑮被相続人が亡くなってから時間がたった相続登記

⑯法定相続分とは異なる相続分での兄弟間の相続手続き

相続した不動産に担保権者が個人の担保がついていた。また、その担保権者にも数次の相続が発生していた担保権抹消登記

 

「相続の基礎知識」の詳しいコンテンツはこちら

_MG_5283.jpg   

無料相談受付中 077-516-8001 受付時間9:00~18:00(土日祝夜間OK)
相談から解決まで料金表事務所概要

Contents menu

Access
クリックすると大きくなります